塩麹って何でそんな人気があるの?驚きの塩麹パワー!>塩麹を使ったとっても美味しいブランドグルメ

塩麹は、主に「米どころ」を中心として、受け継がれてきました。
美味しいお米の産地であれば、いますぐにでも、町おこしは
可能でしょう。

岐阜県飛騨地方もそのひとつ。
下呂市の直営店で2種類の地元産の塩麹漬のテスト販売を
行ったところ、予定数量を約1時間で完売したそうです。
恐るべし。

創業60年の精肉店「天狗」が、「飛騨牛」、「飛騨なっとく豚」の
塩麹漬2種類を、4月1日から通信販売部門で販売しています。

同店では、下呂市内の農産糀村が生産する、地元下呂市で
収穫されるこしひかりを100%使用した米麹を使用しており、
飛騨牛のもも肉を漬け込んだ「飛騨牛」塩麹漬けと、
地元ブランド豚「飛騨なっとく豚」の肩ロースを漬け込んだ
2つの商品を開発しました。

「飛騨牛」の塩麹漬の価格は、100gで498円。
「飛騨なっとく豚」の塩麹の価格は、100gで250円とのことです。

兵庫県赤穂市では、地元産の米麹と塩で仕込んだ調味料
「塩麹 忠臣蔵」が5月8日から、赤穂市内で200袋限定発売されました。

今回の商品化は、NPO法人「赤穂盛り上げ隊」が中心となり、
「新たな名物に育て、観光客を呼び込みたい」願いが込められています。

同法人はこれまで、赤穂の塩で塩麹を作ってきましたが、
2月に「地元酒造会社が作るこだわりの米麹で味を追求したい」と、
同市坂越の老舗酒造会社「奥藤商事」に協力を依頼し、
同市浜市の農業久保章さんが育てた米ヒノヒカリを持ち込みました。

同社は「街おこしにつながるなら」と、酒造用と同じ麹菌を使って
無償で米麹に。酒造用の井戸水も提供し、塩と調合して1カ月半
熟成させました。

同社の社長である奥藤利文さんは「上品な甘みの麹が役立ったなら
うれしい」と話し、同法人の山城章さんは「甘みやうまみが濃くて、
仕上がりに驚いた」と話していらっしゃいます。

変わったところでは、秋田県の「塩もろみ」はいかがでしょう。

「八峰白神塩もろみ」は、八峰白神自然食品株式会社と、
県や町の共同で、開発されたものです。
材料の米やこうじ、塩はすべて町内産。
発酵過程で入れる乳酸菌や酵母も、白神山地産です。

「塩もろみ」につけ込むと、素材の臭みがとれ、保存力も
高まるそうで、ほかの調味液と混ぜて使うと、風合いが増す
ともいわれています。

街の活性化に「塩麹」。地元の食材の安心を証明できる取り組みは、
成功間違いなしです。


今注目のCFD取引をあなたも始めてみませんか?
FXはもう古い!はじめてのCFD取引、勝つための19のポイントを参考にしてあなたも勝ち組トレーダーになりましょう!

美味しい珈琲を飲みたいと思っているあなた!
本当に美味しいコーヒーを120%美味しく飲むための極意!を参考にしてお店よりも美味しい珈琲をおうちカフェで飲みましょう♪

年金を3倍にすればゆったり生活できるす♪
もらった年金が3倍に増える!定年後は夢のような海外移住生活をはじめよう!を参考に優雅な年金生活を送りませんか。

週末起業なら、仕事をしながらお店のオーナーになることもできますよ!
会社の給料だけでは安心できない!週末起業を始めて給料を2倍に増やして安心して生活をしよう!を参考にしてあなたも起業しませんか?

なかなか就職が決まらないあなた!
目指せ100%採用!ここだけは抑えたい!新卒、転職、再就職、就職活動に必須な重要ポイント!を参考にして就職対策すれば、面接突破も確実です!


inserted by FC2 system