塩麹って何でそんな人気があるの?驚きの塩麹パワー!>塩麹はどこから流行しだしたのか?

塩麹は、料理漫画で取り上げられたのをきっかけに流行し
始めたのだそうです。

「おせん」という料理漫画に紹介されていたのだそうです。

「おせん」とは、どういう料理漫画なのでしょう。

答えは、「きくち正太」という漫画家さんが描かれる『おせん』
(講談社)です。

2010年4月11日のブログで、マンガの料理を忠実に再現し、
そのマンガの絵や調理過程も詳細に説明されています。

漫画のモデルは、浅利妙法さんといわれています。

浅利妙法(あさり みょうほう)さんは、大分県別府市の
300年以上続くこうじ屋(糀屋本店)の跡取り娘として生まれ、
2007年に、母親つまり先代の女将が亡くなり、女将を引き継がれ
ました。

その当時は、「麹」自体の人気がそれほど高くは無かったようで、
お店が存続の危機にありましたが、起死回生を目指して、
手当たり次第に調べていくと、「塩麹」について書かれた、
江戸時代の書物に出会ったということです。

そういった経緯によって、塩麹のレシピを、本やブログで
紹介していると、2010年から、テレビや雑誌でも、取り上げられる
ようになったということです。

そのテレビで、塩麹を最初に取り上げたのが、「NHK あさイチ!」
でしょう。
「NHK」というのがミソで、料理に関していえば、視聴者からの
信頼は、まだまだ衰えていないようです。

inserted by FC2 system