塩麹って何でそんな人気があるの?驚きの塩麹パワー!>ぬか漬けよりも浅漬けよりも美味しい塩麹漬け!

塩麹には、野菜の甘みを引き出すチカラがあるといわれています。

「塩トマト」や「蕎麦」を塩で食べたり、塩を使ったりすることに
より、素材本来の甘みを引き出す効果が注目されるこの頃ですが、
野菜と塩麹との相性も悪くないようです。

塩麹に野菜を一日ほど漬けると、「糠漬(ぬか漬け)」ほどの
癖が無くなり、塩味の強い「浅漬」よりも旨味のある漬物と
なるといわれています。

では、塩麹漬けを作ってみましょう。

まず、材料です。

きゅうり、大根、カブなどの野菜と、塩麹を用意します。

次に、作り方です。

きゅうり、大根、かぶなど、漬けたい野菜をよく洗い、
水気を切って野菜の容量の約10%の塩麹をまぶします。

漬物用の容器か、ジッパー付きの保存袋に入れます。

冷蔵庫に置いて1〜2時間で食べられますが、1〜2日置いた方が
しっとりして美味しいです。

漬物だけでは、物足りないかもしれません。

塩麹に、酢とだし、砂糖を加えれば、和風ピクルス液の
出来上がりです。

ほどよい酸味と塩気をプラスして、旬の野菜をまろやかな
味わいに仕上げてくれます。

inserted by FC2 system